強力な除菌・消臭効果! 弱酸性の衛生水

クレアスの除菌メカニズム

クレアスは除菌成分の濃度が高い

生成技術・コストの面で通常流通している除菌・消臭剤と比べて
クレアスの除菌成分(次亜塩素酸ナトリウム)が約2倍。

高い除菌効果が期待できます。

除菌に重要なのはph値

次亜塩素酸分子の存在率が高いph領域を持つクレアスは
優れた除菌能力と高い安全性
を実現しています。

クレアスph値測定図

phの変動と遊離有効塩素の存在率の関係

クレアスや次亜塩素酸ナトリウム溶液は次亜塩素酸分子が細菌の細胞膜を透過し、不活性化させる事で除菌します。
上記のグラフはpH値による分子とイオンの存在率の変動を表しています。
クレアスは有効性の高い次亜塩素酸分子が存在できるpH値となります。

菌の細胞膜を透過し不活性化

クレアスの主成分である次亜塩素酸分子が菌の細胞膜を透過
菌を不活性化します。即効性が高く、短時間で除菌が可能です。

クレアス細胞膜浸透概念図

クレアスの主成分である次亜塩素酸分子(HOC1)は細胞膜を透過し、直接内部の栄養素、エネルギー源を変性または消費させ、死滅もしくは不活化させる殺菌メカニズムになっています。
次亜塩素酸イオン(OC1-)は細胞膜を透過することができないため、外側から作用し、時間をかけて細胞膜を破壊するメカニズムになっています。
病院・施設・企業向け導入事例
◆病院や公共施設、介護施設などに
クレアス製品紹介
◆クレアスシリーズ製品のご紹介
Wowma! クレアスショップ
◆Wowma! クレアスショップはこちらから
会社案内
◆オルソプラスのご紹介
代理店募集
◆お気軽にお問い合せください
メディカル事業部
◆メディカル事業部はこちらから

お問い合せ

資料請求