強力除菌・消臭の弱酸性次亜塩素酸

cleaz クレアス

まな板や包丁の除菌に

飲食店の厨房では、ノロウイルスや大腸菌O157:H7の対策がとても大切です。ノロウイルスや大腸菌O157:H7の被害者があると、命にかかわることにもなりかねませんので、小さな飲食店でもニュースに出るぐらいです。ニュースにはなりませんが、ご家庭でも気を付けるべきものです。

ノロウイルスや大腸菌O157:H7は、特にまな板や包丁の除菌が大切になります。次亜塩素酸クレアスは、キッチンや厨房での除菌・消臭におすすめです。

  • まな板や包丁の除菌
  • 厨房機器の除菌
  • ふきんの除菌
  • テーブルの掃除
  • 食器の除菌
  • ゴミ箱の除菌・消臭

まな板の除菌方法

ノロウイルスや大腸菌O157:H7を強力に除菌できることが実証された次亜塩素酸クレアスですが、まな板の除菌方法はとても簡単です。

  1. まな板が汚れていたら、しっかりと洗って汚れを落としてください。
  2. 次亜塩素酸クレアスをまんべんなくスプレーしてください。
  3. そのまま1分程度放置してください。

次亜塩素酸クレアスでの除菌なら

濡れているところでも除菌可能

次亜塩素酸クレアスは、濡れているところにスプレーしても除菌ができます。そのため、アルコール除菌のように、まな板を洗った後にふき取らなくても、かまいません。

次亜塩素酸クレアスは強力な除菌効果があるため、多少濡れているだけでは、雑菌を除菌する効果が低下しないためです。

洗い流す必要なし

また、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム溶液)のように、除菌したあと、しっかり洗い流す必要もありません。

次亜塩素酸クレアスは、雑菌を除菌した後は、ただの水になるため、身体に入っても安全です。

換気や手袋は必要なし

また、次亜塩素酸クレアスでの除菌なら、塩素系漂白剤のように換気や手袋なども必要ありません。

単なる水を触っているのと同じようなものなので、手荒れの心配はほとんどなく、塩素ガスが発生しにくいため、換気も必要ありません。

除菌したいときにすぐにご利用いただけます。

次亜塩素酸クレアスのラインナップ

まな板の除菌に次亜塩素酸クレアススプレー

クレア除菌ススプレー100ppm 500ml

クレアススプレーは、500mLでたっぷりサイズのスプレーです。次亜塩素酸の濃度が100ppmですので、キッチンの除菌や消臭に最適です。

まな板の除菌だけでなく、ゴミ箱の臭い対策、カビやヌメリ防止など、キッチンでさまざまな用途にご利用いただけます。

次亜塩素酸クレアススプレーの詳細はこちら

クレアス詰替用4L

次亜塩素酸クレアス詰替用4L

次亜塩素酸クレアススプレーを使い切ったら、お得な詰替用をご利用ください。

詰め替え用は200ppmですので、クレアススプレーに入れるときは水道水と詰め替え用を1:1の割合で2倍に希釈してご利用ください。4Lを2倍に薄めて使用するので、8L分のクレアススプレーになります。

クレアス詰替用4Lの詳細はこちら