クレアス最新情報、企業情報などのトピックス

コラム

HOME > コラム一覧 > ノンアルコールのコロナ除菌なら次亜塩素酸クレアス

ノンアルコールのコロナ除菌なら次亜塩素酸クレアス

厚生労働省が新型コロナウイルスの対応として、風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養することが発表されました。新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解

また、新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の、家庭での注意事項もホームページで公開されました。新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)

しかし、ドラッグストアに行っても、消毒液や除菌シートなどが売り切れて購入できなく、困ってらっしゃる方も多いことでしょう。また、ノンアルコールの消毒液を求めている人も多いことでしょう。

これらの記事にからめて、新型コロナウイルス対策としての次亜塩素酸クレアスの良さをお伝えいたします。

手の除菌はノンアルコールで

新型コロナ除菌には小まめな手洗いやアルコール消毒が大切

感染が疑われる場合に限らず、小まめな手洗いやアルコール消毒が大切だとされています。

しかし、小まめに石鹸で手洗いをしたり、アルコール消毒をしたりすると、手がガサガサになってしまいます。中には、アルコールのアレルギーがある人もいることでしょう。

「なるべくノンアルコールで除菌したい」と思っていても、何を使ったらよいかわかりません。

そのような方におすすめなのが、ノンアルコールの除菌・消臭スプレー「次亜塩素酸クレアス」です。

次亜塩素酸クレアスは、同塩素量の塩素系漂白剤と比較して80倍の除菌力があるにもかかわらず、手の除菌に使用できます。目に入ってもいたくありません。しかも、除菌した後は「ただの水」になります。

ドアノブやテーブルなどの共用する部分の掃除は?

ドアノブの除菌

普段から多くの人が触る場所、特にドアノブは、頻繁に掃除しておきたいところです。

新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合、その人が使用する場所を、アルコールや次亜塩素酸ナトリウム水溶液の希釈水で掃除することが述べられています。

厚生労働省のホームページに記載されている次亜塩素酸ナトリウムとは、塩素系漂白剤のことです。

次亜塩素酸ナトリウムの濃度は、塩素系漂白剤の商品によって異なります。どれぐらいに希釈すればよいかは、「次亜塩素酸ナトリウム溶液の作り方は簡単」にまとめましたので、ご参照ください。

アルコールは、すぐに揮発してしまうため、テーブルなどの広い面の拭き掃除には適していません。また、次亜塩素酸ナトリウム水溶液での掃除は、場所によっては後で水拭きが必要となります。

しかしご安心ください。ノンアルコールで水拭きがいらない除菌スプレー「次亜塩素酸クレアス」なら、水と同じですぐに揮発しないので、除菌しながらの拭き掃除にも最適です。

次亜塩素酸クレアスの主成分と除菌メカニズム

塩素系漂白剤である次亜塩素酸ナトリウム水溶液の主成分は、次亜塩素酸クレアスの主成分と異なります。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液の主成分は、次亜塩素酸イオン(OCl-)です。次亜塩素酸クレアスの主成分は、次亜塩素酸分子(HOCl)です。

この2つは、病原菌に作用する方法がことなります。

漂白剤の次亜塩素酸イオン(OCl-)は、時間をかけて菌やウイルスの細胞表面を破壊し、無力化します。ですので、漂白剤をまいたら、しばらく時間をおいて水で流します。

次亜塩素酸クレアスの次亜塩素酸分子(HOCl)は、菌やウイルスの内部に侵入し、エネルギー源を急激に消費して無力化します。ですので、菌やウイルスをすぐさま除菌できます。

クレアス細胞膜浸透概念図

新型コロナウイルスに対しては、ウイルス不活性化試験を行っておりませんが、ノロウイルス代替であるネコカリシウイルスで試験を行ったところ、次亜塩素酸クレアスを入れて1分以内にウイルスが不活性化したことを確認しました。試験結果の詳細はこちら

次亜塩素酸クレアスは、新型コロナウイルスの除菌にも、自信を持ってお勧めします。

この記事は、お役に立ちましたか?