強力除菌・消臭の弱酸性次亜塩素酸

cleaz クレアス

次亜塩素酸はなぜ除菌力が強いのか?

クレアスの主成分である次亜塩素酸分子が、菌の細胞膜を透過し、菌を内部から不活性化するためです。

クレアスの次亜塩素酸は菌の細胞膜を透過

クレアスの主成分である次亜塩素酸分子(HOCl)は、雑菌やウイルスに到達すると、細胞膜を透過して、細胞の中に入っていきます。

すると、雑菌やウイルスの内部にある栄養素、エネルギー源を変性または消費させます。

雑菌やウイルスの細胞内の栄養素を変性させたり、エネルギー源を消費させてしまうと、死滅もしくは不活化させます。

クレアス細胞膜浸透概念図

一般的に市販されている次亜塩素酸ナトリウム溶液は?

では、一般的に市販されている次亜塩素酸ナトリウム溶液は、どうなのでしょうか?

次亜塩素酸ナトリウムは、除菌成分として、次亜塩素酸イオンがほとんどです。

次亜塩素酸イオン(OCl-)は、細胞膜を透過することができませんので、外側から作用し、時間をかけて細胞膜を破壊するメカニズムになっています。

次亜塩素酸クレアスと次亜塩素酸ナトリウム溶液の比較

一般的に市販されている次亜塩素酸ナトリウム溶液よりも、次亜塩素酸クレアスは実に80倍もの除菌力があります。

日本食品分析センターによる殺菌効果試験で、クレアスの優れた除菌効果が証明されました。その詳細は、クレアスの除菌メカニズムをご覧ください。

次亜塩素酸ナトリウム溶液は、アルールよりも除菌力がありますが、クレアスはそれよりも大幅に高い除菌力を持ちます。