クレアス最新情報、企業情報などのトピックス

コラム

HOME > コラム一覧 > キッチンが生臭い!その原因とクレアスでの消臭方法

キッチンが生臭い!その原因とクレアスでの消臭方法

キッチンの生臭さの原因となる魚の調理

魚を調理した後、「手やキッチンが生臭い」と感じたことはありませんか?

何度も石鹸で手を洗ったり、まな板やシンクを洗剤で洗ったり、手間をかけてもなかなか取れない魚の生臭さ。

この臭いがすぐに消えたら便利ですよね!

今回はキッチンの生臭さの原因と、それをすぐに消す方法をご紹介します。

キッチンが魚で生臭くなる原因

そもそもなぜ魚は生臭いのでしょうか。

魚の独特な臭さの原因は、魚が死んだ後に発生するトリメチルアミンという物質を細菌が食べることで起こります。

トリメチルアミンの臭いは、魚の鮮度が落ちるほど強くなり、だんだんとアンモニア臭に似た臭いになっていきます。

私たち人間がかく汗と同じで、汗自体よりも時間が経って発生する雑菌の臭いの方が強いのです。

このトリメチルアミンはイオン的に肌に馴染みやすく、また肌のシワや溝に入ってしまいやすいことが分かっています。だから魚を触った手の生臭さがなかなか消えないんですね。

キッチンの生臭さをクレアスで消臭する方法

魚を調理した後、手やシンク、調理用具など、臭いの気になるキッチンのあらゆる場所に、次亜塩素酸クレアスをスプレーしてください。

それだけで、キッチンの生臭さは瞬間に消えます!

クレアスは弱酸性で肌に優しく、消臭後はすばやく水に戻るため、洗い流す必要もありません。

また、生ゴミの臭いのする三角コーナーや排水溝、カビ臭などにもクレアスは有効です。

この記事は、お役に立ちましたか?