クレアス最新情報、企業情報などのトピックス

コラム

HOME > コラム一覧 > 次亜塩素酸クレアスでまな板を除菌する方法

次亜塩素酸クレアスでまな板を除菌する方法

さまざまなまな板の除菌

まな板の除菌

まな板の除菌は、さまざまな方法があります。家庭での主な除菌方法としては、

  • 漂白剤での除菌
  • アルコールでの除菌
  • 熱湯での除菌

です。漂白剤は、除菌後は流水でしっかり洗い流さないといけませんので、手間がかかります。アルコールでの除菌は、安全なのですが、ノロウイルスはアルコールに強いことで知られています。熱湯では、すぐに冷めてしまうので、しっかりと除菌できたかどうかわかりません。また、熱湯でも死なない食中毒菌もあります。

しっかり除菌ができて、しかも手間がかからない方法で、まな板の除菌をしたいいところです。

次亜塩素酸クレアスの除菌力と安全性

次亜塩素酸クレアスの成分は、雑菌の細胞膜を通過し内部から雑菌を無力感します。そのため、漂白剤にも含まれている次亜塩素酸ナトリウム溶液よりも80倍の殺菌力があることが日本食品分析センターの調べで実証されました。

また、次亜塩素酸クレアスのpH値は、肌のpH値に近い5.5~6.5程度です。同センターにて、ウサギやラットを使った試験では、肌や目の刺激性や、誤飲しての急性毒性が無いことも実証されました。

次亜塩素酸クレアスは、高い除菌力と安全性を兼ね備えています。まな板を強力に除菌しながら、手にやさしいので手袋がいりません。

次亜塩素酸の驚きの除菌メカニズは、こちらをご覧ください。

次亜塩素酸クレアスでのまな板の除菌方法

次亜塩素酸クレアスでまな板を除菌する方法は、まな板に直接スプレーするだけです。ついでに、布巾やスポンジ、包丁などにもスプレーして除菌できます。

次亜塩素酸をスプレーするだけ

次亜塩素酸クレアスは、残留塩素濃度が低いため、次亜塩素酸クレアスで除菌した後は、まな板をそのままご使用いただいてもかまいません。もし、気になるようであれば、流水でサッと流すだけでOKです。

次亜塩素酸クレアスは、飲食店でもまな板だけでなく、キッチンやテーブルの除菌に長年ご利用いただいている実績があります。

除菌力が高く、身体にやさしい次亜塩素酸クレアスを、まな板の除菌にご利用ください。

次亜塩素酸クレアスの除菌スプレーラインナップ

ご家庭の除菌・消臭ならクレアススプレー

クレア除菌ススプレー100ppm 500ml

クレアススプレーは、500mLでたっぷりサイズのスプレーです。次亜塩素酸の濃度が100ppmですので、ご家庭での除菌や消臭に最適です。

まな板の除菌だけでなく、ゴミ箱の臭い対策、カビやヌメリ防止など、キッチンでさまざまな用途にご利用いただけます。

クレアススプレーの詳細はこちら

持ち運びならクレアススプレーmini

100ml携帯用除菌スプレークレアスmini

クレアススプレーminiは、100mLの小型スプレータイプです。お出かけのときのトイレの便座や手の除菌に最低です。高さ14cmとコンパクトなので、カバンに入る大きさです。

バーベキューでのまな板の除菌や旅のお供にも最適です。

クレアススプレーminiの詳細はこちら

業務用の除菌ならクレアススプレー高濃度タイプ

クレア除菌ススプレー200ppm 500ml

次亜塩素酸濃度が200ppmと、クレアススプレーの2倍の濃度です。濃度100ppmのクレアススプレーと比べて、まな板を除菌できる速度が早まります。

飲食店や老人ホーム、会社の社員食堂の厨房など、まな板を素早く除菌したい場合に最適です。

クレアススプレー高濃度タイプの詳細はこちら

この記事は、お役に立ちましたか?