クレアス最新情報、企業情報などのトピックス

コラム

HOME > コラム一覧 > 新型コロナウイルスのマスク品切れ対策にクレアス除菌スプレー

新型コロナウイルスのマスク品切れ対策にクレアス除菌スプレー

新型コロナウイルスはどんなウイルス?

新型コロナウイルスは、過去にヒトに感染の報告確認がなかった、新種のコロナウイルス原因と考えられ、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがある感染症です。連日、武漢のことがニュースで話題になっています。マスクの不足も報道されています。

コロナウイルスは、中東呼吸器症候群(MERS)や 重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスとして知られています。

それ以外は、感染しても通常は風邪などの重度でない症状にとどまると言われています。

新型コロナウイルスの感染経路は、くしゃみや咳、つばなどの飛沫感染と、感染者がくしゃみや咳を手で押さえるその手で周りの物に触れて、ウイルスが付く接触感染が考えられると言われています。

現在のところ、新型コロナウイルスの潜伏期間は14日間ではないかと言われています。しかし、潜伏期間中でも感染することが判明しているようです。

そこで、普段から新型コロナウイルスの対策として、積極的にマスクを多用したいところです。

新型コロナウイルスの感染予防対策

新型コロナウイルスの感染経路は、飛沫感染や接触感染と言われていますので、そこから感染予防が見えてきます。

首相官邸HPでも呼びかけられていますが、新型コロナウイルスの感染予防対策として、インフルエンザ予防対策と同じように、手洗いやうがい、マスク着用、消毒、健康管理などの感染予防対策が有効です。

満員電車などの人が多いところや、他人と密室で滞在することは、なるべく避けることが無難です。バスでの移動も気になります。

くしゃみや咳をしている人は、飛沫物の拡散を防ぐために、マスクを着用するようにしてください。

入手困難なマスクは『次亜塩素酸クレアス』での除菌をおススメします

外出するときは、くしゃみや咳をしていなくても、マスクを着けて安心を得たいものです。

ところが、量販店やドラッグストアなどではコロナウイルスの影響でマスクの売り切れが続いております。そのため、同じマスクを何日も使い続けている人もいるのではないでしょうか?

マスクを製造している企業は、マスクの増産を行っているようですが、しばらくは品薄は続きそうです。

マスクを使用すると、その内側は、呼吸したときに出てきた菌が付着し、繁殖していくと言われています。一度でも使ったマスクを再利用すると、マスクの臭いも気になります。

マスクを一日でも長く、長持ちさせるため、マスクの内側にクレアス除菌スプレーを噴霧し、マスクを除菌してください。

次亜塩素酸クレアスがマスクに付着した菌やウイルスを除菌してくれて、消臭もしてくれます。しかも、クレアスを吸い込んでも身体に安全です。

外出時のマスクの除菌はクレアス除菌スプレーで

お出かけ先でのマスクの除菌に『次亜塩素酸クレアス』を

■100mL携帯用クレアススプレーmini 780円(税別)

100ml携帯用除菌スプレークレアスmini

カバンに入れて持ち運びができる、小さな除菌スプレーです。外出先で手やマスクの除菌を行えます。次亜塩素酸クレアスは消臭効果もありますので、マスクの臭いが気になったら、シュッと吹き付けてください。

100mL携帯用除菌スプレークレアスminiの詳細やご購入はこちら

次亜塩素酸クレアスの商品ラインナップ

次亜塩素酸クレアスには、上記のような持ち運びに便利なミニ消臭スプレータイプ、ご家庭で消臭・除菌ができる500mLのスプレータイプの他に、2,000mLの詰め替えボトルなどがあり、用途に合わせて商品と取り揃えております。

また弊社では、『次亜塩素酸クレアス』専用の空間噴霧器を販売しています。空間噴霧器をご使用になれば空間消臭、さらに空間除菌も出来て大変効果的です。

弊社は高度医療機械専門業者でございます。『次亜塩素酸クレアス』は医療施設でもご使用頂いております。このクレアスを自信を持ってお届けいたします

次亜塩素酸クレアスの商品ラインナップは、こちらのページをご覧ください。

この記事は、お役に立ちましたか?